中学校・高等学校教育に携わる先生方へ保険教育の授業でご活用いただける
教材等のご案内

少子高齢化をふまえて、社会保障制度の持続可能性を高める観点から、今まで以上に公的保障と私的保障の連携の必要性が高まっている中、生命保険に期待される役割は今後ますます大きくなっていくことになります。

生命保険協会では、次世代を担う子供たちが自らの生涯を生き抜く力を培うために、自助努力で将来に備えることの重要性および保険の役割について学んでもらいたいという思いで教材の提供等を行っています。

新着情報

2017年6月23日
新しい中学校学習指導要領・解説が公表されました。
2017年6月7日
消費者教育支援センター「消費者教育教材資料表彰2017」優秀賞を受賞しました。
2017年3月15日
「中学校学習指導要領案」に対して意見提出しました。
2017年2月17日
中学校・高等学校の先生方向けのポータルサイトを新設しました。

中学校 社会科・高等学校 公民科【保険教育】

中学校 社会科の保険教育関連資料

中学生が社会科(公民的分野)において「私たちと経済」を学ぶ際に社会保障の意義や保険の役割について理解を深めることができる教材です。

授業等でご活用いただける資料ダウンロード

「『社会における企業の役割と責任』保険会社って何をしているの?」

当教材は、中学校の先生や文部科学省・厚生労働省のご意見を伺い作成しています。
教材作成に携わった方については、社会保障・保険教育教材に関する検討会のページをご覧ください。

保険会社って何をしているの?

活用事例

教材をどのように活用するかの授業展開例のご紹介

連絡先(ご意見・ご質問など)

教材をお使いになってのご意見等を下記まで
ご連絡ください。

(一社)生命保険協会 企画部企画グループ
e-mail: education@seiho.or.jp

高等学校 公民科の保険教育関連資料

高校生が公民科(現代社会、政治・経済)において社会保障を学ぶ際に、「保険」の仕組みや自助・共助・公助の考え方(民間保険の役割を含む)についても併せて学ぶことができる教材です。

授業等でご活用いただける資料ダウンロード

「社会保障制度と保険のキホンについて学ぼう!」
この教材は消費者教育支援センターの「消費者教育教材資料表彰2017」の優秀賞を受賞しました。

当教材は、高等学校の先生や文部科学省・厚生労働省のご意見を伺い作成しています。
教材作成に携わった方については、社会保障・保険教育教材に関する検討会のページをご覧ください。

❈この教材は消費者教育支援センターの「消費者教育教材資料表彰2017」優秀賞を受賞しました。

社会保障制度と保険のキホンについて学ぼう!

活用事例

教材をどのように活用するかの授業展開例のご紹介

連絡先(ご意見・ご質問など)

教材をお使いになってのご意見等を下記まで
ご連絡ください。

(一社)生命保険協会 企画部企画グループ
e-mail: education@seiho.or.jp

高等学校 公民科【社会保障教育】

厚生労働省

厚生労働省が作成した「社会保障の理念・内容・課題」を
理解するための教材

厚生労働省サイトはこちら

高等学校 家庭科【生活設計・生活保障教育、金融経済教育】

公益財団法人 生命保険文化センター

生命保険文化センターが提供する「生活設計・生活保障」に
関する学校教育用副教材

生命保険文化センターサイトはこちら

生命保険協会で行っている保険教育推進の取組み

会員各社の取組みについて

社会保障・保険教育教材に関する検討会

リンク集

ページトップへ戻る