[ ここから本文です ]

スポーティライフ大賞

当大賞は、スポーツを通じた健康増進活動を促すことにより、「安心して健康に暮らすことができる社会の実現」に貢献するため、健康を意識した前向きな取組みを推進している団体・企業を全国から募集し、優れた取組みを表彰するコンテストで、スポーツ庁の後援による事業となります。

応募の際には、団体・企業の健康を意識した前向きな取組みについて、活動の内容、きっかけ、成果、今後工夫していきたい点や目標などをまとめて頂き、活動内容が分かる写真や動画などの資料と一緒にお送り頂きます。

部門は、地域で健康活動を支援している団体、地域スポーツ教室、NPO/NGO法人、学校、地方自治体等を対象とする「地域コミュニティ部門」と、自社の従業員(家族を含む)の健康活動を支援している企業を対象とする「企業部門」があります。各部門のグランプリ各1団体には賞状および賞金30万円を進呈いたします。また、準グランプリや優秀賞、高校生・大学生による活動を対象にした特別賞も設置いたします。

選考はスポーツ医学、健康政策の専門家である筑波大学教授の久野譜也さん、元競泳日本代表選手の伊藤華英さんといったスポーツ分野で専門的な見識をお持ちの2人と、生命保険協会副会長の小林研一で公正に行い、優れた取組みを2018年2月16日(金)に本会のホームページ等で発表する予定です。

募集チラシ PDF

ステートメント

健康は大切。そのためには適度な運動が必要。それは誰もがわかっていること。

でも、いざ「スポーツ」をしようと思うと、ちょっと腰がひけてしまう。

時間も労力も結構かかるし、よっぽど好きでなければ続けられない。そう思ってしまう。

もっと毎日の生活の中で、気軽に、手軽にはじめられることがあれば。

極端に言えば、「気づいたら健康のためになっていた」という取り組みがあれば、

誰もがもっと健康になれる。それをみんなとシェアできれば、健康の輪がもっとひろがっていく。

だから、生命保険協会は、日常生活の中に健康になるための方法を取り入れている

個人・団体・地域を全国から募集して、優れた取り組みを表彰していきます。

ちょっとした工夫やアイデアでで、もっとみんな健康になれる。そう思うから。

私たちはこの賞を通じて、「安心して健康に暮らすことができる社会の実現」に貢献していきます。

募集要項や応募用紙のダウンロードができます。

選考結果

2018年2月16日(金)に発表予定です。

ページトップへ戻る