[ ここから本文です ]

協会の取組み

生命保険会社やその役職員が遵守すべき「行動規範」を定め、参考とすべき実務上の取扱・留意点をおさめた指針・自主ガイドライン等を作成しています。

税制改正や規制改革等について、政府をはじめ関係各方面に対して意見・提言・要望しています。

生命保険に関するご相談・ご照会をお受けしています。また、保険業法に定める指定紛争解決機関として、苦情の解決に向けた支援を行っています。

みなさまからのご意見・ご要望の把握および消費生活相談員とのネットワークの強化・支援、相談員を通じた消費者に対する啓発活動等を行っています。

みなさまからのご意見・ご要望を生命保険会社の経営に反映することを目的とした取組みを実施しています。

生命保険会社のディスクロージャーのさらなる向上に努めています。

生命保険に関する法制度等の調査研究を行っています。また、生命保険業界全体での事業概況を発表しています。

保険監督者国際機構(IAIS)等の国際機関が策定する国際保険監督基準の検討状況について、その動向をフォローするとともに、積極的に議論に参加し、海外の保険協会とも適宜連携して、関係各方面への働きかけを行っています。

生命保険が不当な利益を得るために悪用されることを防ぎ、生命保険制度が健全かつ公平に運営されるよう様々な対策を実施しています。

生命保険業界では、反社会的勢力との関係遮断を徹底しています。

保険金・給付金のお支払いに際して、生命保険会社による診断書の誤読や読み落としを防止する等を目的として、医療機関での診断書機械印字化ソフトの普及に努めています。

生命保険会社に対して個人情報の適正な管理の徹底を指導するほか、個人情報の取扱に関する苦情を受付けています。

ページトップへ戻る