[ ここから本文です ]

「元気シニア応援団体に対する助成活動」助成先39団体を決定 ~応募総数226団体の中より選考、総額500万円を助成~

2015年4月1日

生命保険協会(会長:渡邉 光一郎 第一生命保険社長)では、平成26年度「元気シニア応援団体に対する助成活動」において、全国43都道府県226団体からの応募の中より、選考の結果、別紙の39団体に総額500万円を助成することを決定いたしました。

平成26年度より開始した本活動は、地域社会において、高齢者を対象にした健康管理・増進、自立支援、生きがいづくり等の活動に取り組んでいる民間非営利の団体・グループ等に対し、1団体あたり15万円(上限)の資金助成を行うものです。

現在、当会では、国民のセルフメディケーション意識の向上に向け、自治体との共催による健康イベントの開催やオリジナル健康アプリの提供等を通じた健康増進啓発プロジェクトを展開しております。

近年の高齢化の進展により、高齢者人口が増加している中、本活動を通じて高齢者が健やかで心豊かに生活できる地域社会の環境整備を図り、健康増進啓発プロジェクトとも連動しながら国民の健康寿命の延伸、地方創生に貢献したいと考えております。

なお、今後、都道府県および地区協会において、助成決定通知書授与式(交流会)を開催し、助成対象団体と当会の交流促進を図る予定にしております。

ページトップへ戻る