[ ここから本文です ]

自殺予防キャンペーン用の懸垂幕とプール用車いすの贈呈式を行いました(新潟県協会)

新潟県協会(会長:井上淳次 明治安田生命新潟支社長)では、加盟する生命保険会社22社の職員・営業職員約5千名からの募金により、地域社会貢献活動を推進しております。

その募金を財源として、新潟県庁へ「自殺予防キャンペーン用の懸垂幕」を贈呈し、新潟県障害者交流センター(新潟市江南区)へ「プール用車いす」を贈呈いたしました。

贈呈式は2月21日、新潟県庁にて行なわれました。贈呈式では、新潟県庁福祉保健部部長に「懸垂幕」を、新潟県障害者交流センター所長に「プール用車いす」を手渡しました。

県が実施する「自殺予防キャンペーン」への贈呈は2015年度から3年連続となります。また、「プール用車いす」を県内の公共施設に贈るのは初めてとなります。

その他、募金による地域社会貢献活動として、福祉巡回車の贈呈(1団体)、ボランティアグループ支援・物品の贈呈(15グループ)、AED(自動体外式除細動器)の贈呈(1団体)を行いました。

記念撮影

記念撮影

自殺予防キャンペーン用の懸垂幕とプール用車いす1
自殺予防キャンペーン用の懸垂幕とプール用車いす2

自殺予防キャンペーン用の懸垂幕とプール用車いす

ページトップへ戻る