代理店業務品質検討ワーキング・グループ

代理店業務品質検討ワーキング・グループ

<直近開催分の議事の要旨(2023年1月18日開催の第4回代理店業務品質検討ワーキング・グループ)>

  • 2023年度の業務品質調査に向けて、以下2点について議論しました。
  1. (1)2023年度に向けた業務品質評価運営の変更点について(資料1(pdf)・(別紙1(pdf)・(別紙2(pdf)・(別紙3(pdf)・(別紙4(pdf)・(別紙5(pdf)
  2. (2)今後の検討WG運営について(資料2(pdf)
  • 今回は、今年度業務品質調査に申込みいただいた54代理店へのアンケート結果(別紙1(pdf)を踏まえ、2023年度の業務品質評価運営の変更点について付議しております。
    その中で、2023年度の業務品質評価基準の見直し案(別紙2(pdf)および具体的な評価運営を記載した生命保険乗合代理店業務品質評価運営要領の改正案(別紙5(pdf)についても付議しており、代理店委員よりご意見を頂戴しております。なお、業務品質評価基準および生命保険乗合代理店業務品質評価運営要領は2023年2月22日に開催予定の代理店業務品質審査会にて決定します。
    また、2023年2月24日に、2022年度業務品質調査にて評価付けを獲得した代理店を公表する認定証の授与式を開催します。
  • 全体の議事内容については、議事概要(pdf) をご参照ください。
    また、過去の資料・議事概要については、こちらからご覧ください。

1.主な役割

  • 代理店業務品質検討ワーキング・グループは、以下の業務を行います。
    • 業務品質評価運営において使用する評価基準・評価方法等の調査・研究を行うこと
    • 調査・研究結果を代理店業務品質審査会(*1)に報告すること
    • 代理店業務品質審査会の諮問に応じ、意見を具申すること
  • *1:学者、弁護士、消費者団体等の有識者で構成し、「評価基準の妥当性の担保および確定」「業務品質調査の正当性の担保および業務品質調査結果・評価結果の確定」「公表内容の確定」等の業務を行います。

2.参加者

  • 代理店・代理店団体・消費者団体等の有識者および生命保険会社(会員会社)で構成します。
  • 代理店・代理店団体・消費者団体等の有識者については、業務品質評価運営開始にあたり検討を行った代理店業務品質のあり方等に関するスタディーグループから引き続き、参加いただいております。また、オブザーバーとして、当会顧問弁護士、金融庁にご参加いただいております。

【参加者一覧】

3.意見公募

  • 代理店業務品質検討ワーキング・グループでの議論についてご意見等がありましたら、「hinshitsu-info@seiho.or.jp」へメールにてご連絡ください。
  • 各社の手数料規程や手数料の金額等に関するご意見は、各社の競争手段に関わる情報であり、共有・議論することで独占禁止法違反となるおそれがあることから、当ワーキング・グループでは議論を一切行いません。手数料規程や手数料の金額等に関するご意見は受け付けませんので、ご留意ください。
  • ご意見に対しての個別の回答はいたしませんので、あらかじめご了承ください。
  • いただいたご意見につきまして、当ワーキング・グループ委員に共有させていただくことがございます。なお、特定の個人が識別され得る記述がある場合、当該箇所を伏せて共有いたします。
  • 当会における個人情報の取扱いについては「個人情報の取扱いについて」をご覧ください。

シンボルマーク

【シンボルマークの由来】

保険の「保」の字を使って安心・安全を保つということを表し、赤いペンで描いた丸は生命保険乗合代理店の業務品質を確認・チェックすることを表現しています。

緑色は安心・安全を表す色であり、生命保険協会のイメージカラーでもあります。

シンボルマーク

【シンボルマークの由来】

保険の「保」の字を使って安心・安全を保つということを表し、赤いペンで描いた丸は生命保険乗合代理店の業務品質を確認・チェックすることを表現しています。

緑色は安心・安全を表す色であり、生命保険協会のイメージカラーでもあります。