[ ここから本文です ]

STEP. 5 生命保険の基本型・構成

生命保険って複雑で分からない!という方も多いと思います。

しかし、3つの基本型と構成を知ることで、とても分かりやすく整理することができます。

3つの基本型

実は、どんな保険でも、次の3タイプの保険を組み合わせたものでできているのです。

「死亡保険」 「生存保険」 「生死混合保険」

  • (1) 
    死亡保険
    死亡保険は、被保険者が病気や事故などで死亡した場合に保険金が支払われる生命保険です。契約から一定期間の死亡を保障する「定期保険」と、被保険者の生涯にわたり死亡の保障を行う「終身保険」があります。
  • (2) 
    生存保険
    生存保険は、被保険者がある一定期間生存していた場合に保険金が支払われる生命保険です。
  • (3) 
    生死混合保険
    生死混合保険は、(1)の死亡保険と(2)の生存保険を組み合わせたものです。
    ある一定期間中に被保険者が死亡した場合には死亡保険金が支払われ、ある一定期間まで被保険者が生存していた場合には満期保険金が支払われる保険です。代表的なものに「養老保険」があります。

主契約と特約

生命保険のベースとなる部分を「主契約」といい、そこにオプションとして「特約」をつけることが可能です。特約は各種あるので、お客さまの様々なニーズにこたえることができます。

生命保険=主契約(ベース)+特約(オプション)

ページトップへ戻る