SDGs達成に向けた重点取組項目

 生命保険業界は、これまでも社会保障制度の一翼を担う産業として、様々な取組みを行ってきたところではありますが、中長期的な視点において、SDGsに係る取組みをさらに強化していくため、「生命保険業界におけるSDGs達成に向けた重点取組項目」を取りまとめました。

 具体的には、生命保険事業の特性やこれまでの取組みの継続性などを踏まえ、生命保険業界として重点的に取り組む8項目を選定しております。

【重点取組項目】

1 持続可能な社会保障制度の構築  -関連SDGs :目標1、3、8、9-

〇急速に進行する少子高齢化を踏まえ、持続可能な社会保障制度の構築に向け、「公私二本柱の生活保障」という理念のもと、公的保障を自助努力による私的保障で補完し、国民の生活の向上に向けた貢献を推進する。

2 金融リテラシー教育の推進  -関連SDGs :目標1、4-

〇すべての人々、特に次世代を担う子どもたちが自らの生涯を生き抜く力を培うために、自助努力で将来に備えることの重要性および保険の役割に関する教育を推進する。

3 高齢者への対応を含む消費者目線に立った経営の推進  -関連SDGs :目標8、10-

〇高齢者への対応を含む消費者目線に立った経営の推進を通じて、すべての人々に適切な生命保険商品・サービスを提供する。

4 健康寿命延伸に向けた取組み  -関連SDGs :目標3-

〇超高齢社会において安心して健康に暮らすことができる社会の実現に向けて、生命保険事業を通じて、健康寿命延伸に係る取組みを推進する。

5 ESG投融資の推進  -関連SDGs :全般―

〇機関投資家への社会的要請に応えるべく、生命保険業界のESG投融資の取組みのレベルアップを通じ、社会の持続的な発展に貢献する取組みを推進する。

6 マネー・ローンダリング及びテロ資金供与、反社会的勢力への対応  -関連SDGs :目標16-

〇生命保険が犯罪等に悪用されることを防ぎ、健全かつ公正な生命保険制度の運営を確保することを通じて、暴力や組織犯罪等を根絶することに貢献する。

7 女性活躍推進  -関連SDGs :目標5、8-

〇女性の力が社会全体の活力向上や持続的な経済成長の実現に不可欠であることから、女性がより一層活躍できる環境整備を促進する。

8 人権に関する対応  -関連SDGs :目標8、10-

〇あらゆる人の人権を尊重することは、国際社会における普遍的価値であることを踏まえ、人権尊重という価値観を基盤とした業界として、包摂的な社会の実現に貢献する。